乾燥肌での皮膚科について

乾燥肌がひどく、皮膚科の受診を考えている人はいるでしょうか?

最近、乾燥肌に悩んで皮膚科を受診する人が増えているそうですよ。
乾燥肌で皮膚科を受診すると、どんなケアをしてもらえるのでしょうか。

一つは、スキンケアアドバイスをしてもらえます。
基本的には、朝晩の正しいスキンケアを心がけていれば、酷い乾燥に悩まされる事はないそうです。
来院する人の殆どは、間違ったスキンケアが原因で乾燥肌になるケースが多く、具体的な治療を行うケースは少ないそうですよ。

ドクターは乾燥肌改善の為のスキンケアアドバイスをしてくれるそうなので、自己流の乾燥肌ケアでも良くならない人は、相談してみると良いかもしれませんね。

二つ目は、外用薬として保湿剤を処方してくれます。
皮脂欠乏性皮膚炎(乾皮症)などの皮膚疾患を発症していると診断された場合は、外用薬として保湿剤を処方してくれます。

ヒルドイドや白色ワセリン、ケラチナミンなどを処方してくれます。

ヒルドイドはヘパリン類似物質が主成分の保湿剤です。
お肌に塗って2~24時間くらい保湿力が持続するそうです。
角質層に浸透して、水分を保持してくれます。天然保湿因子に似た役割を果たしてくれます。
低刺激の保湿剤で、赤ちゃんからお年寄りまで使えます。

白色ワセリンは角質層に浸透する保湿剤ではなく、お肌表面に留まって角質層の水分が蒸発するのを防いでくれます。外的刺激からお肌を守ってくれる皮脂膜の様な役割を果たしてくれます。
白色ワセリンも低刺激で、傷口に塗る事も可能な保湿剤です。

ケラチナミンは尿素を主成分とした保湿剤です。
角質の水分保持量を増加させます。また、不要な角質を取り除く役割を果たしてくれます。
ケラチナミンは尿素の量で刺激が上下します。
基本的に顔の乾燥には処方されないそうです。

三つ目は、内服薬を処方してくれます。
乾燥肌に対しての処方と言うよりは、肌荒れやニキビが伴っている場合にビタミンB2やB6が処方されるそうです。
難治性の皮膚炎の場合は、亜鉛やビオチンが処方される事もあるそうですよ。

多くの場合は、スキンケアを改善する事で乾燥肌も改善するそうです。
でも、正しいスキンケアを続けていても乾燥が治らなかったり、ひどい状態が続いたりする場合もあるとか。
そんな場合は、別の原因がある可能性があるそうです。
別の原因のために乾燥肌になっていたとすると、自己流スキンケアでは改善できない事があるので、皮膚科を受診してドクターに相談する事をおすすめします。

季節によって乾燥しやすい

“”私は化粧品などケミカルなものを好んで使おうとは思わないです。

自然治癒をこころがけているのですが、それでもやはり、季節によって皮膚が乾燥したりしてかゆかったり、ボロボロとはがれてきたりします。

日差しが強い時期にはもともと地肌が白いせいかうまくやけずに、真っ赤になってしまうので、そちらはそちらで大変で、なるべく太陽のしたにでないようにしていますが、皮膚が乾燥してかゆみや炎症をともなったときのほうが太陽など、紫外線に比べると大変です。

紫外線なら、天気がよい、紫外線が強いを見た眼で感じることができますが、乾燥して皮膚の状態が悪くなるのは、なってみるまで案外気が付かない、鈍感な部分が多いからです。

前述したように、ケミカルなものを好まない私は、紫外線のときは物理的に日傘などを指し、よけます。

他の皮膚の乾燥などの症状は乾燥状態がひどくなる前から軽減できるようにと、油を使うことにしています。

単なる食用油ではなく、高品質のオリーブオイルをシャワーやお風呂からあがってきたあとに、手にとりまんべんなく体につけることにしています。

これで、かなり潤いがたもち、皮膚も乾燥せずに済みます。

さらに自然食品なのでケミカル部分もクリアです。

乾燥性敏感肌の悩み

小さい頃から肌が弱く、小学生の時におしゃれしたマニキュアで爪が割れてからなるべく肌に優しいものを選ぶように気をつけて来ました。

ここ数年は仕事柄乾燥肌にも悩まされ、夕方を過ぎると二の腕屋腹回りがかさかさでつい掻きむしってしまうこともあります。

ローションやクリームでケアをしたくても、敏感肌のせいでそのクリームでさらに荒れてしまうこともあり、薬局だ試供品をもらって試して、を繰り返していました。
調子の良いときは、ユーグレナのオールインワンを使っています。

気になる部分は多いけれど、まずは1つずつ解決させていこうと思い、最初に一番の悩みだった唇の荒れに効果のあるものを探した結果、たどり着いたのが『白色ワセリン』でした。

いま人気の出ている黄色いケースでおなじみのワセリンを、更に高純度にしたものが白色ワセリンですが、ワセリンより伸びが良く、乳白色で柔らかいのが特徴です。

大きい容器で販売されているので、小さく小分けにしてあちこちに潜ませるのに便利でした。

白色ワセリンは化粧品ではないので、あの独特な匂いもなく、なにより保湿にはとても優れているので一度塗ると数時間そのままでも気になりませんでした。

何回もリップクリームを塗り直さないので、昼過ぎから夕方まで平気なのはとても有り難いです。

少しべたつく感じもありますが、ボディクリームがわりにもできるので、どうしても腕のかゆみが我慢できないときはそちらにも使うようにしています。

クーラーや暖房で年中乾燥していますが、乗り切っていきたいです。

PAGE TOP ↑