若き日々を振り返って

公開日: 

私は50代の主婦です。

同年代の主婦と同様肌の悩みは尽きませんシミ、たるみ、しわ、女子会の必須キーワードです。

若い時はそんな日がくるなんて!とかあの頃は自分の顔を雑に扱ってたわね!とか出てくる話は昔の自分たちの顔の事ばかりです。

若い頃は将来の事など全く気にもせずメイクしたまま顔も洗わず寝てしまいその上から平気で又、メイクをするという今思っても怖い事を繰り返しておりました。

私は40代のころからでしょうか自分の顔にシミがあるのに気づき肌のお手入れにせっせと勤しみ始めました。

化粧水は勿論の事、乳液、美容液なんでも塗りこみました。

私の努力とは裏腹にシミはどんどん増えるばかり、それに加えてしわやたるみも目立ち始めました。

最近ではたべ物から摂取したほうが良いのではないかと納豆や豆腐の大豆製品やヨーグルト、チーズのような乳製品、コラーゲンの多く含まれてる製品を多く取り入れるように心がけております。

一言で「加齢だからしょうがない」と言う人もおりますが私は若い時にもっと気をつかって肌のお手入れをしてればこんな事にはならなかったのではないかといつも思ってしまいます。

できるならタイムスリップして過去の自分に「メイクはしっかり落として寝るように!」と言ってあげたいです。

お肌の曲がり角を迎えた混合肌

私は普段基礎化粧品はオルビスのものを使っています。

具体的なお手入れ方法は、メイク落としと洗顔フォームで顔を洗い、化粧水と乳液やジェルを塗るだけです。

とくにこだわったスキンケアはしていません。

これはひとえに私がめんどくさがりだからです。

本当は肌の悩みが結構あるのでしっかりお手入れするべきなのですが、ついついさぼってしまいがちです。

結局いつもの雑なスキンケア遺がい何もしなかった…なんてことが多々あります。

食事はなるべくバランスよく栄養を取るようにしています。

寝る前には食べないように気を付けてはいます。

睡眠はかなり大事ですが、夜更かししがちです。

私は基本的に乾燥肌で、Tゾーンなどは、夕方にはてかてかになってしまう混合肌です。

また、ニキビ肌で、生理中や睡眠不足、飲み会の後などは効果てきめん。

もれなくニキビ顔になります。

とくにひどいのがあごと首です。

生活が改善できれば多少違うと思いますが、今のところなかなか改善できないまま今に至ります。

大学生のころより格段に乾燥は進み、ニキビの出る場所が下がり、完全に大人のニキビ肌になっています。

お肌の曲がり角、なんてよく言いますが、ものすごくそれをここ数年で実感しています。

強い意志をもってお肌のケアをしていかなければと思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑